読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツヅリサイクル

にゃるらコト岡村 直樹の公開ノート

Mac (OSX) で FL Studio を手っ取り早く動かす方法まとめ

Creation Knowledge

概要

今のところ (2016年7月現在) は、Windows 専用 DAW である、

を、手っ取り早く OSX (Mac) で動かす方法のまとめです。

OSX で FL Studio を手っ取り早く動かす方法

1. OSX Native 版の αテスト版に参加する

  • Pros.
    • OSX Application として FL Studio が動かせる
    • α テスト に参加できている感
  • Cons.
    • 昔から FL Studio を持ってる人じゃないと参加できない
    • 音源が部分的にしか移植されてない
    • あと、たまに落ちたりクラッシュしたりする

2. Wine を使って FL Studio を動かす

  • Pros.
    • wine が有れば、 Windows なんていらんかったんや! が出来る
    • ちゃんと環境さえ整えれば、ある程度までは動く
  • Cons.
    • そもそもインストールの段階で大抵はこける
    • そしてインストール出来てもなんか動きが怪しいときが有る
    • その他色々な Wine を動かす上でのつらみ

3. CrossOver Wrapper (Public beta) 版に最新の FL Studio をインストールする

  • Pros.
    • 中身としては Wine だけども、これが意外とちゃんと動く
    • あと、たぶんライセンス的にも問題ない
    • それと、自前 Wine での問題がなにげに改善される
  • Cons.
    • まあ、Cross Over と言えども所詮は Wine
    • あと、公式には恐らくサポートされない方法

4. VM や BootCamp を使う

  • Pros.
    • Windows がそのまま動いているので、FL Studio も問題なく動く
  • Cons.
    • スペッコが足りてないと音がブッチブチに切れる
    • あと、ASIO4All とか FL Studio ASIO がアテにならない
    • あと Windows のライセンスが必要でつらい

結論

金が有るなら、素直に Windows マシン用意しとけ。

もしくは OSX リリース版を待て。しかして希望せよ。