ツヅリサイクル

にゃるらコト岡村 直樹の公開ノート

Mac (OSX) で FL Studio を手っ取り早く動かす方法まとめ

概要

今のところ (2016年7月現在) は、Windows 専用 DAW である、

を、手っ取り早く OSX (Mac) で動かす方法のまとめです。

OSX で FL Studio を手っ取り早く動かす方法

1. OSX Native 版の αテスト版に参加する

  • Pros.
    • OSX Application として FL Studio が動かせる
    • α テスト に参加できている感
  • Cons.
    • 昔から FL Studio を持ってる人じゃないと参加できない
    • 音源が部分的にしか移植されてない
    • あと、たまに落ちたりクラッシュしたりする

2. Wine を使って FL Studio を動かす

  • Pros.
    • wine が有れば、 Windows なんていらんかったんや! が出来る
    • ちゃんと環境さえ整えれば、ある程度までは動く
  • Cons.
    • そもそもインストールの段階で大抵はこける
    • そしてインストール出来てもなんか動きが怪しいときが有る
    • その他色々な Wine を動かす上でのつらみ

3. CrossOver Wrapper (Public beta) 版に最新の FL Studio をインストールする

  • Pros.
    • 中身としては Wine だけども、これが意外とちゃんと動く
    • あと、たぶんライセンス的にも問題ない
    • それと、自前 Wine での問題がなにげに改善される
  • Cons.
    • まあ、Cross Over と言えども所詮は Wine
    • あと、公式には恐らくサポートされない方法

4. VM や BootCamp を使う

  • Pros.
    • Windows がそのまま動いているので、FL Studio も問題なく動く
  • Cons.
    • スペッコが足りてないと音がブッチブチに切れる
    • あと、ASIO4All とか FL Studio ASIO がアテにならない
    • あと Windows のライセンスが必要でつらい

結論

金が有るなら、素直に Windows マシン用意しとけ。

もしくは OSX リリース版を待て。しかして希望せよ。

Firefox Flame の緊急ダウンロードモードを有効にする USB ケーブルの作り方

追記: 2016-07-21T13:40:00+09:00

つい先程、たまたま USB ケーブルのピンアサインとかについて調べていた所、 この記事で書いた Firefox Flame のリカバリーケーブルのピンアサインは、

  • スマートフォン用 の USB ホストケーブル (OTG ケーブル)

と同一っぽい、という事が判りました。

そのため、もし Firefox Flame が文鎮になった場合には、 Android スマートフォン等で使用される、

  • USB ホストケーブル (OTG ケーブル)

を購入すれば、別に USB ケーブルを自作せずとも済むっぽいです。

概要

は、2014 年 8月ごろに販売されて完売している、

のリファレンス端末です。

そして、その Firefox Flame では、

ROM 焼きに失敗して Fastboot mode すら起動しない

という状態に落ち入った時に、特殊な USB ケーブル を接続して、 緊急ダウンロードモードでの復旧が可能、となっているのですが、 肝心の要の 特殊なUSB ケーブル が、国内販売された Firefox Flame には付属していません。

そのため、Firefox Flame が文鎮になった場合、この特殊な USB ケーブルが無い限り、 Frefox Flame の文鎮からの回復で出来ない、という状態になるのですが、 この 特殊な USB ケーブル 、どうも電子工作とかすれば自作できるっぽいので、 今回はその辺りまとめておきます。

特殊なUSB ケーブル の PIN アサイン

Firefox OS の Google Group でのフォーラム上に掲載された、

に依ると、 特殊な USB ケーブル の ピンアサインは下記の様になっているようです:

USB A        USB MicroB
1 ---------------- 1
2 ---------------- 2
3 ---------------- 3
4 ---------------- 4
4 ---------------- 5

そして、Naver まとめの、

というまとめに依ると、 USB Micro B のコネクタの 4番は、 普通のUSB ケーブルでは特に何に対してもアサインされてなさそうなんですが、 この 特殊な USBケーブル では、USB A コネクタの 4番の配線が、 USB Micro B の 4番と5番 にアサイン (接続) されており、 この辺りが、Firefox Flame の緊急ダンロードモード に入るための要っぽいです。

特殊な USB ケーブル の作り方

それで、ここまで調べて、

あれ、 USB ケーブルって自作できるんけ?

と思って調べたのですが、どうもこれ、電子工作用の電子部品として、 USB ケーブルを作る為のパーツそのものは売っているっぽいです。

そのため、電子工作が可能な方であれば、

  • USB A の接続端子
  • USB Micro B の接続端子
  • 配線するためのケーブル
  • そして電子工作するための云々

が有れば、割と簡単に作り上げられそうです。

以上

で、本来ならここで 作ってみた とか書いてみたいところですが、 いかんせん、僕の電子工作を行なった事が有るのは、中学生の頃の技術の授業の時間のみなのと、 あと、はんだごてとかそういう道具の類が、2016年6月現在、自宅に一式はさすがに揃ってないので、 実際に作ってみた というのは、未だ出来ていません。

ただまあ電子工作とかは一度手を出してみたい領域なので、 また機会が有れば、この緊急ダウンロードモード用のケーブルとかも作ってみたいと思っています。

と言う事で今回のまとめは以上です。はい。

Ricty + Powerline + NERD Fonts

概要

  • Ricty + Powerline + NERD Fonts なフォントを作る方法
  • 色々試行錯誤とかしていたので、そのまとめ

作り方

準備

作成

  • 最初に NERD Font patched な Inconsolata を使って Ricty を作る
  • 次に先程生成した Ricty に Powerline パッチを当てる
  • 以上

何故この手順が必要か

Ricty を合成するために NERD Fonts patched な Inconsolata を使うだけは、 Powerline 用文字の文字幅とかその辺りが不完全な状態になるらしく、 Powerline 用文字の周りで隙間とかが開くため。

実際に使う

実際に Terminal Emulator 等で使う場合には、

を有効にして、かつ、 ambiguous width 周りを 2文字として扱う環境を整えた上で、 Terminal の文字間の幅を調整すること。

なお、上手く行けば、下記のスクリーンショットの様に、上手い事表示できる:

f:id:nyarla-net:20160529131756p:plain

ちなみに、上記スクリーンショットの画像では、

  • OSX の Termianl.app
  • tmux 2.2 + NeoVim + vim-airline + vim-devicon
  • 今回の手順で作った Ricty Discord

を使用しています。

注意点

NERD Fonts patched な Inconsolata は、 Inconsolata for Powerline Nerd Font Complete.otf を使った。 なお、Mono と付いてる方を使うのはうまく行かなくなるので、そちらは使わないこと。

また、ambiguous width をきちんと正しい文字幅で表示するためには、

  • 表示している Terminal Emulator での ambiguous width の取り扱い
  • tmux や screen を使っている場合には、それらの ambiguous width の取り扱い
  • さらに、NeoVim 等の Console App 内での ambiguous width の取り扱い

が一致している必要が有るので、この辺りはどこがズレの原因になっているか、 一つずつ問題を切り分けて確認すること。

ということで

以上。

何かについて開発する前に『何』を『どのように』『考える』か、について

概要

  • 鎌団子さんスライドを切っ掛けに色々と考えた事などを書いています
  • ちなみに、下記の『印象に残った言葉』については、鎌団子さんのスタイドからの引用です
  • なお、『自分なりに考えた事』は、僕 (@nyarla) が個人的な解釈を綴ったモノです

出典

www.slideshare.net

印象に残った言葉

  • 哲学 - 哲学が無いと続かない
    • → 自分は何が好きでしょうがないか
  • ビジョン - ビジョンが無いと進めない
    • → どんな世界にしたいか
  • アイディア - アイディアが無いと作れない
    • → どういう仕掛けを用意するか
  • コンセプト - コンセプトが無いと動かない
    • → どういう仕組みで実現するか

自分なりに考えた事

『哲学』について

  • 自分は文章を書くこと、正確には『自分の意見を書き下す』事が、たぶん一番好きでしょうがない、と思う
  • と言うのも、ブログやプログラミングを始めてから、これが 10 年間も続いてることなので
  • あと、自分の器質から言うに、恐らく、自分はコミュニケーション系サービスを作るのには向いてなさそう

『ビジョン』について

  • これは『どういう世界を実現したいか』とも言い変える事も出来ると思う
  • で、問題は、自分が実現したい世界と最初の『哲学』の向き不向きが食い違っていると多分悲劇
  • 自分の場合、この辺りが怪しくて、どうもモノ作るときに毎回詰んでしまう原因っぽい

『アイディア』について

  • これについては、『こういう機能が有ったら良いな』という事柄ベースに考えると良さそう
  • そして、これを考える際には、『これは現実的に無理っぽそう』とかは考えない方良いかも
  • 何故かというと、それは、技術とは常に進歩するモノだし、あと、技量や世情も常に変わる類のモノなので

『コンセプト』について

  • これは、ぶっちゃけプログラマだと技術選定とかそういう話だと思う
  • 例えば、どの言語を使うとか、どのライブラリを使うとか、どのようなエフェクト付けるとか
  • そして、これはあくまで『作りたいモノをどうやって作るか』であり、『どんなモノを作るか』ではない

以上

iOS の 作曲系ユーティリティアプリまとめ

概要

  • iOS で動く、作曲に対するユーティリティアプリのまとめです。

アプリ間連携

  • IAA (Inter-App Audio)
    • iOS が公式にサポートしている、アプリ間のオーディオ連携のための仕組み」
    • iOS に組込まれているので、他のアプリとか無くても使える
    • ただし、サポートしている iOS は新しめのバージョンに限られる
  • Audiobus / Audiobus Remote
    • Audiobus SDK をサポートしたアプリ間で使える作曲アプリ間の連携の仕組み
    • Audiobus はアプリ間の、Audiobus Remote は複数の iOS デバイス間での連携をサポート
    • 基本的にサードパティ SDK の組込みが必要なので、アプリによってはサポートされてない
  • MidiFlow
    • iOS アプリ間での MIDI 配線を良い感じにやってくれるアプリ
    • 基本的にモダン、かつ判りやすいインターフェース
    • 他にも MIDI 配線系のアプリは有るけど、多分これが一番使い易いと個人的には思う

iOS ⇔ PC / Mac DAW 連携

  • studiomux
    • 有線接続した iOS Device と PC or Mac の MIDI + オーディオを接続してくれるアプリ
    • PC or Mac 側には、専用のソフトウェアが必要。ただ、これは無料だった気がする
    • studiomux は Audiobus と IAA の両方をサポート。すごい
  • music.io
    • studiomux と同じようなアプリ
    • こちらについては Audiobus のサポートは無いっぽい
    • Audiobus サポートが必要なら、 studiomux を使った方が良さそう
  • audre.io
    • IAA (Inter-App Audio) に対応したアプリと PC or Mac を無線接続してくれるアプリ
    • 他にも PC or Mac の DAW 間や、 iOS 機器同士の接続とかもサポートしている
    • ただ、このアプリは若干料金体系が判りにくいので、利用の際にはその辺り要確認